ANTOR-JAPANのアフリカ最新記事とアーカイブです。


by goafrica

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


南アフリカのリゾートが「ワールド・ベスト・アワード2009」に選出!

米国の有力な旅行雑誌「Travel + Leisure」が毎年実施している「ワールド・ベスト・アワード2009」のホテル部門で、ブッシュマンズ・クルーフが世界1位、ケープタウンが5年連続で都市部門のトップ10入りを果たしました!

ケープタウンから約270キロ離れたセダーバーグ山脈に位置する「ブッシュマンズ・クルーフ」(http://www.bushmanskloof.co.za)は、ホテルチェーンで世界的に名高いルレ・エ・シャトーが運営するラグジュアリーロッジ。その名の通り、古代サン族(ブッシュマン)による130点以上の岩絵を見ることができるほか、野生動植物の保護地域にもなっており雄大な景観を誇っています。

約7500ヘクタールにおよぶ広大な敷地内には、最大32名が収容可能なゲストルーム16部屋、プライベートジェット用の滑走路、図書室やワインセラーを有するレストラン施設、レセプションを兼ねたマナーハウス、カンファレンス施設、スパ、アウトドアのマッサージ・エリア、スポーツジム、温水プールや植物園などが揃っています。

また、メインロッジから4キロほど離れた場所には、ファミリー向けのビラ「Koro Lodge」があり、寝室2部屋・ロフト・リビング・ダイニング・キッチン・バー・プール・BBQスペースが揃っています。

今年で14回目となるワールド・ベスト・アワードは、読者投票によって選ばれた世界中のホテル、都市、島、ツアーオペレータ、航空会社、クルーズやレンタカー会社を表彰するもの。

ブッシュマンズ・クルーフに次いで、世界のホテル部門でトップ15に選出された南アフリカのホテルは、ムプマランガ州クルーガー国立公園内にある「サビサビ・プライベート・ゲームリザーブ」(http://www.sabisabi.com)が第3位、同じくクルーガーの「シンギタ・サビ・サンド」(http://www.singita.co.za)が6位、ケープタウンの「トゥエルブ・アポストルズ」(http://www.12apostleshotel.com)が15位にランクインしています。

一方、同アワードの都市部門では、ケープタウンがニューヨークやローマなどの人気都市を抑えて世界2位にランクイン。昨年の3位、2007年の10位から躍進したと同時に、アフリカ・中東域内では6年連続トップに輝きました。
f0184397_20343684.jpg
優雅なリゾート滞在も南アフリカ観光の魅力

[PR]
# by goafrica | 2009-08-07 20:37 | 南アフリカ

アーカイブス

f0184397_322162.gif

f0184397_16541992.gif
エジプト大使館エジプト学・観光局


地中海の真珠−アレキサンドリアの魅力
今年は「日本におけるエジプト観光振興年」


エジプト第2の都市、アレキサンドリア。穏やかな気候とヨーロッパスタイルの街並みを誇り、美しい海を有するビーチリゾートは「地中海の真珠」とも称えられ、世界各国から多くの観光客が訪れています。

パシフィコ横浜にて開催中の『海のエジプト展(6月27日〜9月23日)』(http://www.asahi.com/egypt/)では、このアレキサンドリア沖合から引き上げられた490点もの遺物が展示され、歴史的側面からもますます注目を集めています。

他の町とは違う欧州の雰囲気の中にも、古代ギリシア文明の中心地として栄えた名残(なごり)を見ることができ、町を歩きながら古代と近代の融合を体感することができます。

観光スポットとしては、アレキサンドリアの海岸線が一望できる絶好の展望スポット「カイトベイ要塞」をはじめ、世界最大・最高の図書館として名を馳せたアレキサンドリア図書館をよみがえらせた「ビブリオシカ・アレキサンドリア」など、見どころが満載です。

アレキサンドリアの魅力に関しては、エジプト大使館観光局のホームページでもご案内しております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

今年は『2009 日本におけるエジプト観光振興年』の年。数々のアクティビティや隠れた観光名所など、エジプトの新たな魅力もお伝えしてまいります。
f0184397_20294636.jpg
美しい景色が広がるアレキサンドリア

[PR]
# by goafrica | 2009-08-07 20:32 | エジプト

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


ホエールウォッチングの季節到来!
ハーマナスは世界屈指の観察スポット


ハーマナスは、ケープタウンの東約100Kmの場所にあり、世界屈指のホエールウォッチングスポットとして知られる海辺の町です。

7月上旬〜12月上旬頃までの間で多く観察できるのは、体長14〜17メートル、体重約60トンのミナミセミクジラという種で、南極の冷たい海から町に面した湾内に回遊してきます。

ハーマナスでのホエールウォッチングの最大の特徴は、陸地から簡単にクジラが観察できること。町中にある断崖に登れば、最短で5メートルほどの至近距離から出産や子育ての様子に出会えることもあります。

毎年、ホエールウォッチングのピークである7月から10月にかけては、フラワーショー、マラソン、ミュージックフェスティバル、クラフトマーケット、ハイキングトレイル、ワイン&フードフェアなど、沿岸で様々な催し物が開かれ、観光客で大変賑わいます。

9月24日〜27日の4日間には、今年で17回目となる「ハーマナスホエールフェスティバル」が開催されます。高級ホテルや洗練されたゲストハウスも多く、リゾート地としても人気が高いハーマナスに滞在し、驚きの感動体験をしてみてはいかがでしょうか。

ハーマナスの観光情報はこちら(英語)
ホエールフェスティバルの情報はこちら(英語)
f0184397_20264349.jpg
地上からもクジラの様子が観察できる

[PR]
# by goafrica | 2009-08-07 20:28 | 南アフリカ

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


熱気に湧いたコンフェデ杯2009、世界中のファンを圧倒!

6月に南アフリカで催された2010年ワールドカップのプレ大会「第8回FIFAコンフェデレーションズカップ2009」。各国代表による熱き戦い、そして母国の選手を心から応援するサポータ達による熱気とエネルギーで、どの試合会場からも大歓声が湧きました。

なかでも、アフリカならではの盛大な賑やかさを見せたのは、南アフリカ代表チーム「バファナ・バファナ(BAFANA BAFANA)」の試合。会場を埋めつくさんばかりの地元ファンの熱狂ぶりは圧巻。

これを目の当たりにしたカナダ人の観客は、「観客席がこんなに盛り上がる試合は、いまだかつて体験したことがないよ。彼らの熱狂ぶりも、歓喜のダンスも、スタジアムの外まで鳴り響くトランペット(ブブゼラ)も、こんな光景はアフリカでなければ見ることができないね。何よりも感動したのは、バファナ・サポーターの皆が外国人の僕に、ファミリーみたいに接してくれたこと。来年の本大会には、カナダから友達をたくさん連れてまた来るよ、絶対に!」とコメントしました。

一方、スペイン代表の「ラ・フリア・ロハ(La Furia Roja)」の応援に、南アまで駆けつけたスペイン人の観客は、「ここに来て約1週間たつけど、この国の人たちのフレンドリーさは格別だね。人懐っこさとホスピタリティにつけては、南アフリカ人が世界一だよ」とコメント。

南アのサッカーファンの熱狂ぶりは一見の価値があることを友人から聞かされていた彼は、ブルームフォンテーンでのスペイン対イラク戦があったにもかかわらず、ラステンバーグのバファナ戦に駆けつけたとか。「こっちを観に来て大正解だったよ」と満足げにコメントしました。

いよいよ残り1年を切ったワールドカップ南アフリカ大会。あなたも日本代表の応援に、観客席から思いきりブブゼラを鳴り響かせる快感を味わってみては?

南アフリカ観光局日本語サイトでもワールドカップ情報を紹介しています。
こちらをご覧ください。
f0184397_2024789.jpg

[PR]
# by goafrica | 2009-08-07 20:25 | 南アフリカ

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


乾いた荒野に届く自然からの贈り物

北ケープ州の北西部にある乾燥地帯ナマクワランドは、一年に一度、突如として色鮮やかな野生の花が咲き乱れる楽園へと一変します。人々はそのスケールの大きさと鮮やかさに圧倒され、甘い香りに包まれて幸せな気分に満たされます。

花が咲くのは、少量の雨が降った後の8月下旬から9月の間のわずか10日間あまり。この短期間に、花はいっせいに開き、種を落とし、枯れ、大地はまたもとの姿に戻ります。まさに自然の神秘。雨が降るタイミングや場所によって花畑が出現する場所と時期、そして花の種類までも変わります。

同じ景色には二度と出会えないと聞けば、花を追いかけて毎年欠かさずこの地を訪れる人々がいるというのもお分かりいただけるでしょう。

今年は例年より冬の降水量が多かったため、花の当たり年になるといわれていますが、自然からのどんな贈り物が届くのでしょうか。

ナマクワランドの詳細はこちら(英語)をご覧ください。
f0184397_1711988.jpg
色とりどりの花が咲き乱れる姿は圧巻

[PR]
# by goafrica | 2009-07-06 17:02 | 南アフリカ

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


サッカー日本代表の出場決定を記念してキャンペーン開始

南アフリカ観光局では、サッカー日本代表の2010年ワールドカップ南アフリカ大会の出場決定を記念して、期間限定キャンペーンを開始しました。

南アフリカ観光局の日本語サイトで展開される今回のキャンペーン期間は、日本が勝利を収めたアジア最終予選ウズベキスタン戦の翌日となる6月7日〜7月6日までの1ヶ月間です。クイズアンケートに答えると、南アフリカへの往復航空券や2010年W杯関連のFIFA公認オリジナルグッズなどが抽選で当たります。

ちなみに、南アフリカ観光局のヨハネスブルグ本局では、現地の言葉でサッカーを意味する『ディスキー(Diski)』と銘打ったグローバル・キャンペーンを展開中です(http://www.southafrica.net/2010/)。

W杯を南アフリカだけでなくアフリカ大陸全体の一大イベントとして捉え、アフリカの“歓迎ムード”を世界中にアピールし、リズミカルなアフリカ音楽とともに「ディスキー・ダンス」を映像化した60秒テレビコマーシャルを、BBCワールド、CNNインターナショナル、Sky、EuroSport、FOXで全世界6億人の視聴者を対象に放映しています。

▼南アフリカ観光局キャンペーンサイト:http://www.south-africa.jp/campaign/
[PR]
# by goafrica | 2009-07-06 16:59 | 南アフリカ

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


がんばれ 日本! 6月に期間限定のオンラインキャンペーン実施

サッカー日本代表は、2010年ワールドカップ南アフリカ大会出場を懸けて、6月6日ウズベキスタン戦、10日カタール戦、17日オーストラリア戦に挑みます。もし3連戦の初戦となる6月6日に南アフリカへの切符を獲得すれば、開催国以外では1番乗りでW杯4大会連続出場が決定します!

日本代表を誰よりも熱く応援する南アフリカ観光局では、南アフリカ行きが決定するタイミングにあわせ、1ヶ月の期間限定でクイズアンケートに答えると、南アフリカへの往復航空券や2010年W杯関連のFIFA公式オリジナルグッズが抽選で当たるオンラインキャンペーンを実施します。

キャンペーン開始日は日本代表しだい!? 日本代表を応援して南アフリカ行きが決まった暁には、南アフリカ観光局サイトへのアクセスもお忘れなく!!

また同サイトでは現在、W杯スタジアムマップやサッカーファンも必見の観光ニュースを随時更新中。“美激的、南アフリカ”は、手つかずの自然が織りなす景観美に出会い、一生忘れられないような刺激に触れ、新境地を開拓するきっかけとなる究極の冒険旅行先。バーチャルツアーを体験してみたい方は、サイト内に掲載中の写真や動画ギャラリーも要チェックです!

南アフリカ観光局の日本語サイトはこちらから。
f0184397_21311090.jpg

[PR]
# by goafrica | 2009-06-04 21:31 | 南アフリカ

アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


旬のカキを味わう!「ナイズナ・オイスターフェスティバル」開催

南アフリカでは、7月にかけて“海のミルク”とも称されるカキが旬の時期を迎えます。西ケープ州の風光明媚な景勝ルート(ガーデンルート)沿いに位置する「ナイズナ」は、新鮮かつ高品質なカキの名産地として知られる美しい海辺の街。

毎年この時期になると「ナイズナ・オイスター・フェスティバル」が開催され、旬のカキをもとめて世界各国から美食家たちが集まります。

今年で第26回を数える同フェスティバルは、西ケ−プ州で最大規模のイベント。肉厚で濃厚な旬の生ガキは、レモンとタバスコで味わうのが地元流です。シャンパンや南アフリカ産ワインとともに新鮮な生ガキを堪能する贅沢を求め、世界中から美食家たちが集まります。

また、カキづくし料理や殻むきの早さを競うコンペティションなど、ユニークなイベントを目当てに訪れる観客も多いとか。せっかくカキの美味しい所に滞在するのですから「カキの早食い競争」に参加して、1分間に24個という最高記録に挑戦してみるのも良い思い出になるかもしれません。

さらに、10日間に渡るフェスティバル期間中は、ナイズナの美しい港町の景色に囲まれながら100種類以上ものプログラムが催され、なかでも自転車ロードレースとマラソン大会は、約1万3000人が参加するフェスティバルの目玉になっています。

この他にも海軍の掃海艇の一般公開や、カーニバル、アートクラフトフェアなど、家族連れで楽しむことができるイベントが目白押しです。

南アフリカは新鮮なシーフードの宝庫ですから、ケープタウンやヨハネスブルグでも、新鮮で肉厚な国産のカキを堪能するこができます。この季節ならではの旬の味をぜひお試しください!

ナイズナ・オイスターフェスティバルの詳細はこちら(英語のみ)。
f0184397_21281784.jpg
▲風光明媚なナイズナの街

[PR]
# by goafrica | 2009-06-04 21:29 | 南アフリカ
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


首都ヨハネスブルグのタンボ国際空港に新ターミナルが登場

これまで増改築が進められていたO.R.タンボ国際空港(JNB)のセントラル・ターミナルビル建設プロジェクトがほぼ完了し、新空港ターミナルとして本格稼働を開始しました。

これにより、従来分かれていた国際線・国内線ターミナルが統合され、乗り継ぎなどの利便性が高まりました。また、パーキングビルからのアクセスやターミナル内の移動時間も短縮されることになり、航空便の定刻離発着運航率の向上が期待されています。

新ターミナルオープンにより、今年4月1日から従来の国際線ターミナルビルは「ターミナルA」に、国内線ターミナルビルは「ターミナルB」に名称変更され、いずれも出発ホールが2階、到着ホールが1階となります。

ターミナルA出発ホール内にある既存の国際線専用カウンターに加えて、ターミナルB出発ホール内にも国内線と国際線両用のチェックインカウンター計75台が新設され、チェックイン手続きによる混雑が大幅に削減されます。

また、一部の航空会社がターミナルBへ移動します。移動する(または既に移動した)航空会社は、南アフリカ航空、SAエアリンク、SAエキスプレス、キャセイパシフィック航空、カンタス航空、エア・ジンバブエ、マダガスカル航空、ルワンダエア・エクスプレス、エア・タンザニア、エジプト航空、モーリシャス航空。

一方、ターミナルAには従来通り、その他の外資系航空会社が入ります。変更になった航空会社を利用する場合は、ターミナルにご注意ください。
[PR]
# by goafrica | 2009-05-07 16:56 | 南アフリカ
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


「美激的、南アフリカ」がテーマの新しい日本語サイトがオープン

人生観が変わるほど“刺激的”で“美しい”大自然の宝庫、『美激的、南アフリカ』。南アフリカ観光局では、多様な花々や野生動物、雄大な景観といった自然の美しさをテーマに、動画や写真、観光関連の最新情報などを紹介する新しい日本語ウェブサイトを4月1日にオープンしました!

また、サイトオープンと同時に、昨年実施したフォトコンテストも実施します。驚きと感動の連続に出会い、一生忘れられないような体験に触れ、新境地を開拓するきっかけとなる、南アフリカはそんな究極の冒険の国。

南アフリカ観光局では、そんな瞬間をとらえた写真やエピソードを大募集します。南アフリカを訪れ、ご自身で撮影した写真を保持している方であればどなたでも参加できます(日本在住の方のみ)。

みごと受賞された応募者には、なんと日本−南アフリカ間の往復航空券がペア2組4名様に贈られます。そのほか、ご紹介した南アフリカ産のワインやリキュール、ルイボスティー、ンデベレ人形、観光局オリジナルグッズなど、豪華賞品の数々を計30名様にプレゼント!

いますぐ南アフリカ観光局サイトにアクセスし、ぜひふるってご応募ください!

南アフリカ観光局フォトコンテストサイト
同局日本語公式サイト
[PR]
# by goafrica | 2009-05-07 16:55 | 南アフリカ