ANTOR-JAPANのアフリカ最新記事とアーカイブです。


by goafrica
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


地球が生んだ大自然のスペクタクル「サーディンラン」の到来!

サーディンラン、といっても“イワシのオイル漬け”ではありません。南アフリカ・クワズールナタール州と東ケープ州では、毎年6月から7月にかけて、10億匹にもおよぶイワシの大群による自然現象「サーディンラン」が見られます。

“地球最大の魚群(the Greatest Shoal on Earth)”とも称されるサーディンランは、海流の関係で南極水域から南アフリカ東海岸沿いを一斉に北上する現象。そのイワシの群れを狙って、サメ、オットセイ、イルカ、クジラ、カツオドリなどが集まり、壮大なスペクタクルで大自然のドラマが繰り広げられます。

クワズールナタール州のサウスコーストでは、この時期にあわせて、毎年40万人もの観客で賑わう「サーディン・フェスティバル」が開催されます。会期中は、イワシ釣りやテイスティングのほか、スキーボート、マラソン、マウンテンバイク、ジャズフェスティバルなど、休暇中のお子様から大人まで、家族全員が楽しめる様々なイベントが盛りだくさん。

サーディンランのスケールと迫力をもっと間近で見たい!という方には、チャーター船を利用したボートツアーや、海中で楽しむ“ダイビング・サファリ”、シュノーケリング体験がおすすめ。東海岸には南ア屈指の美しいビーチが集中しており、透明度の高い水中ではイワシやイルカ、サメだけでなく、色とりどりの珊瑚礁や難破船も出迎えてくれます。

【参考リンク】
* クワズールナタール州観光局
* サーディン・フェスティバル
* サーディンラン専門オペレーター
f0184397_16511260.jpg

[PR]
# by goafrica | 2009-05-07 16:51 | 南アフリカ
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


南アフリカで究極のゴルフ体験を!
“ワニの池越え”や“究極の19番ホールも


南アフリカは、ゲイリー・プレイヤーやアーニー・エルスなど、歴史に残る著名なゴルファーを数多く輩出してきたゴルフ王国。壮大な自然の中でさまざまな野生動物たちに出会える“ゴルフ・アドベンチャー”は、まさに南アフリカならではと言えるでしょう。

なかでもお勧めは、ノースウエスト州にある南ア屈指の豪華リゾート、サンシティ内の「ザ・ロストシティ・ゴルフコース」。13番ホールの池の中でロストボールを待ち受けているのは、なんと・・・ワニ!なかには全長2メートルになる大物も。

今年の産卵期には、5匹の雌ワニたちが延べ192個の卵を産んだとか。池ポチャだけは避けたいところですが、この想像を絶する“ワニ越えホール”は一生の思い出に残ること請け合いです。

また、お隣の州のリンポポ州ウォーターバーグには、ゴルフとサファリが融合した「レジェンド・ゴルフ&サファリ・リゾート」もあります。

ここの自慢はなんと言っても『Extreme 19th〜究極の19番ホール』と名付けられた世界最長587メートル(約642ヤード)のパー3コース。広大なエリアにそびえ立つ高さ約400メートルの断崖絶壁からカップを狙う豪快な打ち下ろしホールです。

見事ホールインワンを獲得した勝者には賞金総額100万米ドル(約1億円)が贈呈されるとか。現在のところまだ勝者はいないそうなので、ぜひチャレンジしてみては?!

■ザ・ロストシティ・ゴルフコースはこちら(英語)
■レジェンド・ロッジ・ホテル&リゾートはこちら(英語)

f0184397_20584648.jpg
断崖絶壁“究極の19番ホール”
[PR]
# by goafrica | 2009-04-06 21:00 | 南アフリカ
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


ケープタウンが「ベスト・ワールド・シティ」に
世界の旅行情報誌が評価


南アフリカのケープタウンが、英国紙のデイリー・テレグラフが毎年実施している「テレグラフ・トラベル・アワード2008」の都市部門で、『ベスト・ワールド・シティ』に選ばれました。また、ケープタウンにあるホテル「マウント・ネルソン・ホテル」が、このアワードのホテル部門でトップ3入りを果たしました。

今年で10回目となるテレグラフ・トラベル・アワードは、4万人の読者投票によって選ばれるもので、世界中の都市やホテル、航空会社、空港、鉄道、旅行ポータルサイトなどの部門に分けられています。

都市部門で世界1位に輝いたケープタウンは、これまでにもアフリカ地域ベスト・シティ(米Travel+Leisureワールド・ベスト・アワード2008)、ブルースカイ・デスティネーションのトップ5(英エクスペディア)など、数々の権威ある賞に輝いています。

今回のアワードでホテル部門の第3位に選ばれたマウント・ネルソン・ホテルは、V&Aウォーターフロントから車で15分、ケープタウンのシンボルであるテーブルマウンテンが一望できるラグジュアリーホテルの一つです。施設内には201部屋のゲストルームをはじめ、2タイプのレストランやスパ施設などを備えています。

ホテルの詳細はこちら(英語)をご覧ください。
[PR]
# by goafrica | 2009-01-05 20:21 | 南アフリカ
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


南アフリカにホエール・ウォッチングの季節到来!

南アフリカにホエール・ウォッチングの季節がやって来ました!。これから早春を迎える南アフリカでは、南極付近から温暖な海を求めて多くのクジラが南岸沿い(ガーデンルート)に姿を現します。
なかでも毎年9月〜11月は、繁殖期を迎えたミナミセミクジラの大群が海岸近くまで回遊してくるため、陸から数メートルの至近距離で出産や子育ての光景を目の当たりにすることができます。また、この時期にはザトウクジラやミンククジラ、ニタリクジラ、バンドウイルカ、シャチなど、多くの大型海洋生物を見ることができます。
ホエール・ウォッチングのベストスポットは、ガーデンルート西側からランバーツベイ、ケープ半島、フォルスベイなどが挙げられ、とくに、ケープタウンから東へ来るで約1時間半の距離に位置する海岸「ウォーカーベイ」は、世界屈指のホエール・ウォッチングのポイントとして有名。ここでは、笛でクジラが湾内に来ていることを知らせてくれる“ホエールクライヤー”と呼ばれる案内人がいるため、高い確率でクジラと会うことができます。

f0184397_337113.jpgクジラの姿は迫力満点。世界中から観光客が訪れます。
[PR]
# by goafrica | 2008-09-11 03:37 | 南アフリカ

エジプト・アーカイブス

f0184397_322162.gif

f0184397_16541992.gif
エジプト大使館エジプト学・観光局


カイロに新しいスーク

オールド・カイロ地区にあるエル=フスタットのスークはエジプト最古のモスクであるアムル・モスク、聖処女マリアに捧げられた通称「ハンギング・チャーチ」と呼ばれるエル=ムアラカ教会と近年修復されたばかりのベン・エズラ・シナゴークの間にあります。

このスークは、刺繍の美しいローブ、オリエンタル・ランプ、木製のおもちゃや布人形のような伝統的な手作り品の品々が並びます。古代のテクニックを用いて磁器を焼いている土器職人もいます。特定のコミュニティー、例えば上エジプトpの職人や環境問題に取り組んでいるグループなどと組んでいるお店もあります。
f0184397_3254476.jpg

でも、気を付けて;ハン・ハリーリのスークとは違って、エル=フスタットのスークでは値段が決まっていて値切ることはほとんど出来ません。
[PR]
# by goafrica | 2008-08-11 03:20 | エジプト
f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


ソウェト生誕100周年記念遊歩道

南アフリカ最大のタウンシップであるソウェトに100万個の御影石を使用した記念遊歩道が登場します。

f0184397_3285347.jpg先頃、遊歩道の始点に記念すべき最初の敷石が整備され除幕式が行われました。この遊歩道の整備は、ソウェトの生誕100周年を記念する"Soweto100"プロジェクトのメイン行事のひとつ。このプロジェクトは、ソウェトの人々が自分達のユニークな文化やライフスタイルを再認識し、その魅力を国内外に向けて発信する様々なイベントや事業を展開するもので、観光地としてのソウェトの知名度アップにもつながると期待を集めています。

f0184397_329298.jpg遊歩道が整備されるナレディとオーランドという2つの地点を結ぶ約8.5Kmの道のりは、1976年6月16日の「ソウェト蜂起」の際、約一万人の学生がデモ行進を実施したルートで、周辺には歴史的スポットが数多く存在します。

へクター・ピーターソン少年が警官の放った銃弾に倒れたオーランドには、3年前に「へクター・ピーターソン博物館」が建てられ、世界中の人々がアパルトヘイトの実態を知るきっかけとなったその事件に関する詳しい資料が展示されています。

また、博物館のそばにある「フィラカジストリート」は、ネルソン・マンデラ元大統領とデズモンド・ツツ元大司教という2人のノーベル平和賞受賞者を輩出した通りとして有名です。

2人の家は当時のままの姿で残されており、マンデラ元大統領の家は「マンデラ・ファミリーミュージアム」として公開されています。アパルトヘイト撤廃運動の拠点とも言うべきレジーナ・ムンディ教会も必見。ヨハネスブルズの南西にあり、現在約200万人が暮らす活気に溢れた町ソウェトを観光する際には、ツアーに参加するのがお勧めです。

歴史的なスポットを巡るだけではなく、地元の居酒屋「シェべーン」で地ビールや郷土料理を味わったり、一般家庭を訪問するなどの様々な体験が用意されており、地元の人々の生活と明るく陽気な気質を肌で感じることができます。
[PR]
# by goafrica | 2008-08-10 03:27 | 南アフリカ