人気ブログランキング |

南アフリカ・アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


首都ヨハネスブルグのタンボ国際空港に新ターミナルが登場

これまで増改築が進められていたO.R.タンボ国際空港(JNB)のセントラル・ターミナルビル建設プロジェクトがほぼ完了し、新空港ターミナルとして本格稼働を開始しました。

これにより、従来分かれていた国際線・国内線ターミナルが統合され、乗り継ぎなどの利便性が高まりました。また、パーキングビルからのアクセスやターミナル内の移動時間も短縮されることになり、航空便の定刻離発着運航率の向上が期待されています。

新ターミナルオープンにより、今年4月1日から従来の国際線ターミナルビルは「ターミナルA」に、国内線ターミナルビルは「ターミナルB」に名称変更され、いずれも出発ホールが2階、到着ホールが1階となります。

ターミナルA出発ホール内にある既存の国際線専用カウンターに加えて、ターミナルB出発ホール内にも国内線と国際線両用のチェックインカウンター計75台が新設され、チェックイン手続きによる混雑が大幅に削減されます。

また、一部の航空会社がターミナルBへ移動します。移動する(または既に移動した)航空会社は、南アフリカ航空、SAエアリンク、SAエキスプレス、キャセイパシフィック航空、カンタス航空、エア・ジンバブエ、マダガスカル航空、ルワンダエア・エクスプレス、エア・タンザニア、エジプト航空、モーリシャス航空。

一方、ターミナルAには従来通り、その他の外資系航空会社が入ります。変更になった航空会社を利用する場合は、ターミナルにご注意ください。
by goafrica | 2009-05-07 16:56 | 南アフリカ