アーカイブス

f0184397_330131.gif

f0184397_3302820.gif
南アフリカ観光局


南アフリカのリゾートが「ワールド・ベスト・アワード2009」に選出!

米国の有力な旅行雑誌「Travel + Leisure」が毎年実施している「ワールド・ベスト・アワード2009」のホテル部門で、ブッシュマンズ・クルーフが世界1位、ケープタウンが5年連続で都市部門のトップ10入りを果たしました!

ケープタウンから約270キロ離れたセダーバーグ山脈に位置する「ブッシュマンズ・クルーフ」(http://www.bushmanskloof.co.za)は、ホテルチェーンで世界的に名高いルレ・エ・シャトーが運営するラグジュアリーロッジ。その名の通り、古代サン族(ブッシュマン)による130点以上の岩絵を見ることができるほか、野生動植物の保護地域にもなっており雄大な景観を誇っています。

約7500ヘクタールにおよぶ広大な敷地内には、最大32名が収容可能なゲストルーム16部屋、プライベートジェット用の滑走路、図書室やワインセラーを有するレストラン施設、レセプションを兼ねたマナーハウス、カンファレンス施設、スパ、アウトドアのマッサージ・エリア、スポーツジム、温水プールや植物園などが揃っています。

また、メインロッジから4キロほど離れた場所には、ファミリー向けのビラ「Koro Lodge」があり、寝室2部屋・ロフト・リビング・ダイニング・キッチン・バー・プール・BBQスペースが揃っています。

今年で14回目となるワールド・ベスト・アワードは、読者投票によって選ばれた世界中のホテル、都市、島、ツアーオペレータ、航空会社、クルーズやレンタカー会社を表彰するもの。

ブッシュマンズ・クルーフに次いで、世界のホテル部門でトップ15に選出された南アフリカのホテルは、ムプマランガ州クルーガー国立公園内にある「サビサビ・プライベート・ゲームリザーブ」(http://www.sabisabi.com)が第3位、同じくクルーガーの「シンギタ・サビ・サンド」(http://www.singita.co.za)が6位、ケープタウンの「トゥエルブ・アポストルズ」(http://www.12apostleshotel.com)が15位にランクインしています。

一方、同アワードの都市部門では、ケープタウンがニューヨークやローマなどの人気都市を抑えて世界2位にランクイン。昨年の3位、2007年の10位から躍進したと同時に、アフリカ・中東域内では6年連続トップに輝きました。
f0184397_20343684.jpg
優雅なリゾート滞在も南アフリカ観光の魅力

[PR]
by goafrica | 2009-08-07 20:37 | 南アフリカ